映画・テレビ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

Img_2847


王道で、裏切らない。
世界子供名作全集ってカンジですね。
こういうストーリーに触れるとホッとします。
それを最新技術を使って表現した映画。
子供の頃の想像を、共有できるイメージとして現してくれるもの。
うん、楽しかった✨


『幻の動物とその生息地』久しぶりに読みたくなったなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『海賊と呼ばれた男』

Img_2794


空襲、焼け野原。
映画の冒頭でスクリーンに広がった景色は、これまでに私が見聞きしてイメージしてきた第二次世界大戦の景色でした。
(これまでに見たドラマや映画では、違和感がありました)
あぁ、本気で〈それぞれの時代〉を描こうとしているんだ、という気合いのようなものを感じて、映画に一気に引き込まれたのです。

そして俳優さんたちの素晴らしい演技と、違和感のない加齢メイク。
見応えのある、いい映画を見ました✨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『聖の青春』

将棋のルール、一応知っています。
でも、何手も先を読み考えるという行為が苦手なので、指すより見るほうがスキ。
一番スキなのは、新聞や雑誌の将棋囲碁記事を読むこと。
あの、碁盤という小さな世界で、静かに行われている勝負を、棋士に負けない真剣さと愛情で書かれている文章を読むのが、ダイスキなのです。

Img_2778

十代の頃。
羽生善治さんが七冠を達成し、世の中が将棋ブームになるちょっと前から。
記事に登場するたびに、追いかけてしまう棋士がいました。
それが村山聖さん。

訃報に接したときは信じられなくて。

それから20年近く。
あの小さな記事で魅力を放っていた人は、映画館の大スクリーンでもやっぱり魅力的でした✨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『インフェルノ』

旦那さんとコストコへ行って、大急ぎで帰って向かったのは映画館。

Img_2638

何気に『ダ・ヴィンチ・コード』も『天使と悪魔』も映画館で見ているし、原作も読んでいるんですよね。
一作目を見たときに、これは映画→原作の方が面白いと思ったので、今回も原作は未読。
でも何やら、難解で予習しておかなければついていけないという評価をあちこちで聞きました。

………、
前評判のおかげで、スクリーン隅々まで見逃すまいと集中したのがよかったからか、
戸田奈津子さんらしい、解説たっぷりの優しい字幕だったからか、
フィレンツェ・ヴェネチアと、実際訪れたことのある場所が多く写ってテンションが上がったからか、
そういえば、『神曲』を分からないなりに読んだことあったなぁと思い出したり、

割と、フツーに、ミステリーとして楽しめましたよ💡


***
細かい部分は原作を読んで楽しみます✨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追いつかないと、ね

優先順位が限りなく低いと言うか、もともと日常生活にランクインしていないと言うか、スポーツ中継以外でテレビを点けることがまずないのですが…
今年の大河ドラマは見ていたんですよ。
夏前まで。
仕事が忙しくなったら、一番に切り落としてしまったけど💧
録画が溜まりまくりです💣

そんなワタシに気を遣って、ワタシのいないときに大河ドラマを見ている旦那さん。
先日の日曜日放送分が気になるらしく、
「…見てもいい?」
と、お伺いが入りました。
どーぞ、どーそ‼️

リビングを仕切るカーテンを閉めて、三味線の練習をするワタシの視線を遮り、楽しそうに見ていましたよ📺
あ、犬伏だったのね。
そりゃぁ面白いよね✨
ワタシも追いついて楽しみたいなぁ⤴︎


***
今年の立山祭で披露された大河ドラマの場面は犬伏でした。
Image

祭の日にはまだ放送されてなかったのね💡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『殿、利息でござる』

なんかね、涙流すほど笑いながら、最後はじわーんと感動する映画を観たかったのですよ。
たぶん…心が疲れているんだろうな💧

で、予告編を観たときから気になっていたコチラを観に来ましたよ⤴︎
Image


で。
涙流すほどは笑いませんでしたが、かーなーりー笑いました。
ドロドロでもさもさのオッサンたちが十数人、目をキラキラさせて庄屋を見つめる場面とか☺️
最後は…というか、途中からほっこりどころか胸がジーンと熱くなっちゃいました。
【いい人】しか出てこないんです。
全員すごいいい人で、熱くて…

元気もらいました✨

あ、羽生結弦殿様は…堂々と演技してました。
さすが表現者ですね。
ちょっと袴捌きが慣れてないのが見て取れたけどね😜


***
会社帰りに夫婦で映画を観に行くって久しぶり。
しかも、奈良の映画館へ行くのは初めてじゃない?
意外とできるものですね💡
夫婦どちらかが休みなら、こんなデートもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『追憶の森』

隣のおばちゃま、号泣しとった。
斜め前のおねーさまも、泣いてるぽかった。
あImage_2


ごめん。
ワタシにはちょっと難しかった!

感謝や愛情を表せなくてすれ違う夫婦って、ワタシが一番気をつけている部分なので、見ていてイタイ…
その上、樹海のシーンでは(ワタシにとっては)ホラー映画並みにドキドキさせて死体が出てくるの繰り返しだったので…
し、しんどかった💧

いい映画なんだと思うけれど、いまのワタシには合わなかったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また映画の日

去年はほとんど映画を観なかったのにね…😅
映画館で観るとやっぱり楽しくて、今週もハシゴです。

NINJA THE MONSTER
なんか、朝ドラで話題になった俳優さんの主演映画で、海外向けのものを1週間限定公開で逆輸入したとか。
すみません。
朝ドラって、人生で一度も見たことなくて💧
ただ、海外向けの忍者映画なら、ハチャメチャで楽しいんじゃないかと思って観ただけです。。。

あー。
なんか、ちょっと、期待ハズレだったなぁ。
もっと大暴れしてくれたらいいのに…ってゆーか、えっそれで敵キャラ去って行っちゃうの⁉️
って感じ。
ハチャメチャじゃない分、時代考証のおかしさが気になっちゃったりして、ワタシの好みではなかったなぁ。


で、続けてみたのが
さらば あぶない刑事
Image_2

いや、連ドラもほとんど見たことないんだけど、このあぶ刑事シリーズだけはたっくさん見ました。
小学生の頃、母が仕事から帰ってくるまで一人だった時間、再放送でやってたんだぁ。
バブル経済は小学校卒業と同時にはじけて、実質的には経験していないけれど、このドラマのおかげでバブルの雰囲気を知っていると言える…そんな気がします。

こちらは期待を少しも裏切らないハチャメチャ振りと、そして王道で。
楽しかったー✨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画の日

旦那さんと合わせて3連休を取った誕生日前。
が、しかし。
旦那さんの仕事が忙しく、昨日・一昨日は終電1本前での帰宅。
今日も休日出勤だって。
身体壊さないでねー💧
泊りがけの予定をいれてなくてよかった。

で。
ご機嫌に3連休を過ごしたいので、寝不足は無視して旦那さんの出勤と一緒にお出かけ。
眼科の予約時間までに、久々の映画ハシゴです✨


シネマ歌舞伎 棒しばり 喜撰
Image

勘三郎さんと三津五郎さんの『棒しばり』と、三津五郎さんと時蔵さんの『喜撰』。
うん。
すごく素敵で、楽しそうに踊っていらして、画面の中の観客席だけでなく映画館の客席からも爆笑が起こるくらいで。
うん。
勘三郎さんと三津五郎さんの、この二つの踊りを、直に舞台で見られないなんて、考えもしませんでした。
…みたかった、な。
でも、こうやって映画館のスクリーンで見られてよかった。


母と暮らせば
Image_3

1945年8月9日11時2分、長崎の原爆で死んだ息子の亡霊が、3年後に母の前に現れる。
生きていたときのこと、婚約者への想い…様々なことを母と息子が話す。

正直ね、どんだけマザコンやねん! とか、親子じゃなくて恋人かっ! とか、ツッコミましたよ。
でもね。
泣いたよ。何度も。
運命じゃなく、戦争という止められたもので命を奪われた理不尽さ。

見てよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シネマ歌舞伎『籠鶴瓶花街酔醒』

勘三郎さんに、玉三郎さんに、仁左衛門さんに、我當さんに、秀太郎さんに、勘九郎くんに、芝雀さんに、七之助くんに、市蔵さんに、亀蔵さんに…

なんじゃこれ、豪華すぎやろsweat02
と、思ったら、前の歌舞伎座さよなら公演なのねflair


田舎者が、吉原の花魁に惚れ込んで身請けしようとするけれど、花魁には恋人がいて、大勢に見られているなかでこっぴどくフラれてしまう。
男のプライドが傷つけられた、と花魁を殺す男。。。

うん、これはあれだ。
男のプライドが何より大切ってゆー、上方女には理解できないタイプの設定だflair
なんですけれどね、フラれたときの勘三郎さんの表情が悲しくて哀しくて…


***
舞台で、見たかったな。
言っても詮無いことだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧