« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

仕事納め

大晦日に仕事納め、は 慣れたもの。

Img_2827
駅からの連絡通路が閉鎖されているから、地上を歩いたら空がきれいでした✨


これで元旦に仕事始め、が これまでの15年間。
勤務先が変わったこの正月は…


なんとっ
元旦から6連休ですよーっ‼️

元旦に旦那さんと一緒の休みったいうのも、学生時代以来かも。
とりあえず結婚してからは初めてだね。
な、なにしよう。


Img_2829
仕事終わりに月が昇ってきました。

新しいスタートを切った2016年。
みなさまお世話になりました。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅搗き

腸炎明けだった一昨年
入院手術明けだった去年
こ、今年は働くよ⤴︎⤴︎

Img_2450


連続杵取りは太腿と脹脛の裏側にきますな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月準備

姪っ子・甥っ子8人分のポチ袋を折り紙で作成。
スタンプを押して、加工をして…
こんなもんかな✨
Img_2819


新札も旦那さんに用意してもらったし、学年と金額チェックをして、最終準備をしなきゃね⤴︎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康診断のあとの楽しみ

どーん
Img_2818
道頓堀今井の湯葉丼と刻みうどんのセット✨


一昨年の健康診断では凶悪な貧血が発覚して、数ヶ月に渡って治療することになりました。
去年の健康診断は、手術から1カ月くらいしか経っていませんでした。
今年は…健康ですよっ✨

幸せなことですね😊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶髪

転職用に一段階黒くして、もう地毛並みの黒髪だったのを、3回くらいかけて元に戻す相談を美容院でしたあと。
実家に置いたままだった自分の荷物を片付けていて出てきた10年くらい前の写真。

おー…
ワタシ、けっこう茶髪でしたね😅
結婚したころからどんどん黒くしていったから、ここまで茶色かったんだと驚いてしまいました。

カラーリングをしたくてもいいようにと黒くしていってましたが、あまりの白髪の多さに方向転換を考えてしまう今日この頃。
白髪が一番目立たないのは金髪だろうけれど、さすがにその勇気はないなぁ。。。
まめに美容院へ行くしかないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12.26

Img_2816


今日は祖母の命日。
もう25年前です。
ふと、祖母の身長ってどのくらいだったのかと思いました。
小柄だとは思うけど、亡くなるまで見上げていたと思うんだよね。
祖母の着物を着たときに裄が短かったから、今のワタシよりかは低いはず。

…こうやって、具体的に思い出すことが、一番の供養じゃないかと思うのです。
おばーちゃーん、墓参り行けてなくてごめんねー💧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリークリスマス!

…なんてこともすっかり忘れて働いてましたね💧
夕食は、旦那さんがわざわざ大阪まで出汁を買いに行ってくれたお鍋✨(2日連続…昨日は鶏、今日は豚)
夫婦で欲しいものを合同で買う予定のプレゼントも、まだ決められないし。
クリスマスはまだまだ続きます。。。

Img_2814
あ、クリスマスらしくない写真をアップしてもうた。
だって、綺麗に撮れたのに、アップする機会がないんだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イブ残業

本日の勤務は18:20まで。
机の上の資料をまとめたところで、もう少し残業できませんか? という上司のお言葉。
いいですよー
と軽ーく答えて、さらに1時間後の延長リクエストにも答えて、ご機嫌に仕事をしていたら、えらい恐縮されました💧

いやいや、ただの土曜日ですから。
デートの約束があれば断りますって。
お気になさらず⤴︎

21:30。
帰り道、最寄駅でとりあえずケーキを購入。
Img_2796_2


クリスマスイブはこれで充分です🎄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『海賊と呼ばれた男』

Img_2794


空襲、焼け野原。
映画の冒頭でスクリーンに広がった景色は、これまでに私が見聞きしてイメージしてきた第二次世界大戦の景色でした。
(これまでに見たドラマや映画では、違和感がありました)
あぁ、本気で〈それぞれの時代〉を描こうとしているんだ、という気合いのようなものを感じて、映画に一気に引き込まれたのです。

そして俳優さんたちの素晴らしい演技と、違和感のない加齢メイク。
見応えのある、いい映画を見ました✨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『都風流』お稽古13回目

前回のお稽古で上がるとかお師匠さんが言ってはったような、でも前回のお稽古ではズタボロのままだったし…
で、お稽古の始めにおずおずと伺ったところ、もう一度『都風流』のお稽古ですって✨
おかわり! やった‼️

まぁしかし、肩の不調で家練習を全くしていなかったので、不安しかなかったのです。
それがどっこい。

「けっこうですよ」
最高の褒め言葉戴きました😆

余計な力が抜けていて、曲も全体覚えていた、というのが理由だと思いますが、何より
しばらく練習しなかったことで、自分の弾くガチバキの『都風流』イメージが消え
お師匠さんの華やかで艶やかな『都風流』イメージを思い出した
ことが、良かったんだと思います。

弾いていてお師匠さんの三味線と唄がよーく聞こえる。
リズムや譜面を追うのに必死にならずに、本手と替手(メロディーとコーラスみたいな感じ)全体の流れを理解しながら弾ける。

弾いていて笑顔が抑えきれない⤴︎
楽しかった。
やっとここへ戻ってこれた。
Img_2791
夜明けですな😊


***
そして尚嬉しいこと。
次回のお稽古から別の曲になるけれど、来夏のゆかた会は『都風流』なので、またこの曲を弾けるのですー‼️
幸せっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この冬は暖かい日が多いですね。
冷え込まない、どころか気温が上がった今朝は、濃霧発生。

Img_2812


電車が遅れることを予想して、旦那さんを送り出しました。
…6分遅れなら問題なしですね🚃

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快腸の理由

最近ね、近年になく調子がいいのですよ✨
これだけ便秘知らずなのは久しぶり過ぎて…いつ以来かも思い出せません💧

理由はきっとコレ。
Img_2811


甘酒と言っても、米麹から作ったものなのでノンアルコール。
(酒粕から作ったものはアルコールアレルギーには飲めません💣 しかもめっちゃ甘いし💣💣)
速効性・持続性ともに、文句のつけようがありません。
一つツッコむなら、ヤクルトやヨーグルトに比べてお高め…

うーん。
自作しようかな💡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5連勤

前の勤務先は完全シフト制だったから、5連勤は滅多にありませんでした。
5連勤耐えられるかなというのが心配でしたが、定休は定休で予定も計画も立てやすくてラクですね😊


Img_2804


しかし。
さすがに今日までの5週間連続5連勤は、ジワジワと心身にきましたね💧
色々キツかったー。

とりあえず3週間は5連勤がないので、回復を図りたいと思います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

50日メ

今の職場への出勤も今日で50日メ。

1時過ぎにちょっと遠い駅まで忘年会終わりの旦那さんを迎えに行ったりしていたから、少々寝不足ですが、爽やかなスタートです✨
Img_2803


ちょいと失敗もしましたが、これを教訓に頑張ります💧

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寄り道鮟鱇鍋

会社帰りにお土産を持って兄その2️⃣宅へ。

実家にいたころも、奈良に住んでからも、遊びに行くにはちょっと不便な場所だといつも思っていましたが…
今の職場は兄その2️⃣🏠への乗換駅。
すぐやん💡
で、突撃晩御飯‼️

兄夫婦と子供たち4人。
素晴らしい食欲と攻防ですな✨
ワタシ自身4人兄弟だから、この雰囲気に圧倒されることはなく、懐かしさを感じるけれど😅

うーん、楽しい😍
ご飯が減るとバレない程度に、たまには遊びに寄ることにしましょう⤴︎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習再開

ワタシの三味線ではなくて、旦那さんの卓球ですよ😅
体育館の耐震工事のために、年明けまではない予定だったのが、昨日体育館再開の連絡を聞いてからテンションの高いこと。

幸せそうな旦那さんを見ると、ワタシも幸になるのでいいんです。
いいんですけど…
昨日から柔軟体操はやり過ぎじゃね?

怪我をしないように、楽しんでらっしゃーい❤️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お稽古お休み

20:20まで残業予定のシフトでは、さすがにお稽古へは行けません。
職場が変わってからはずっと月2回ペースだなぁ💧
まぁ、肩が不調なので助かると言えば助かるけれど…

来年はゆかた会もあるし、大師匠の会にも出るかもしれないし、気合いいれて練習しなきゃねー
ときどき西宮のお稽古場に顔を出させて頂こうかなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『聖の青春』

将棋のルール、一応知っています。
でも、何手も先を読み考えるという行為が苦手なので、指すより見るほうがスキ。
一番スキなのは、新聞や雑誌の将棋囲碁記事を読むこと。
あの、碁盤という小さな世界で、静かに行われている勝負を、棋士に負けない真剣さと愛情で書かれている文章を読むのが、ダイスキなのです。

Img_2778

十代の頃。
羽生善治さんが七冠を達成し、世の中が将棋ブームになるちょっと前から。
記事に登場するたびに、追いかけてしまう棋士がいました。
それが村山聖さん。

訃報に接したときは信じられなくて。

それから20年近く。
あの小さな記事で魅力を放っていた人は、映画館の大スクリーンでもやっぱり魅力的でした✨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無欲ってわけではないけれど

旦那さんと休日が重なったので、洗濯や掃除を済ませてデート❤️

梅田・天王寺と巡って探していたのは、クリスマスプレゼント。
もうね、付き合って17回メのクリスマスともなると、プレゼントのネタがなくてですね…
最近は二人で使うものを、一年間貯めたクレジットカードのポイントを使って購入するパターン。
去年は二人で一目惚れしたムーミンの壁掛け時計でした。

今年は…
うーん、心惹かれるものがない、なぁ。
二人とも物欲がなくなっているんでは…💧
物欲が全くないわけではないけれど、必要だと思えばすぐに購入していて、【特別に】これが欲しいってものはないんだよね。。。

うむむ。困った。

Img_2775


| | コメント (0) | トラックバック (0)

冷えてきた

Img_2773

起きてすぐはまだ真っ暗で、朝食を取っている頃にようやく明るくなってくる。
…昨日辺りから、車が凍りついているようになりましたね❄️
こうなると、バケツ1杯のお湯を用意しなくてはいけないので、起きる時間を少々早くしないと💧

ま、まだマシですよ。
年が明けて1月2月になると、車体にかけたお湯がまたすぐ凍って、ドアを開けるのが大変になりますから。
ほんと、盆地って寒い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三升曲輪傘売』

⚫︎當る酉年 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露 #6

傘売り三すじの綱吉実は石川五右衛門…海老蔵さん
男伊達 五尺の九郎兵衛…九團次さん
男伊達 闇夜の市太郎…市蔵さん

Img_2768
役者さんのまねきは例年通り南座に飾ってあって、先斗町歌舞練場には顔見世興行のまねきだけ。
ちょっと寂しいけど、場内や通りに掲げられている提灯が、いつもと違って顔見世特性。
これは今しか見られないものだから、テンションが上がりますね✨


創作の舞踊ですよ。
吉原で評判の、手品しながら売り歩く傘売りが石川五右衛門だと聞いて、捕まえに行くけれど、簡単にあしらわれてしまって…
という、まぁストーリーなんて設定だけだと思っていれば十分の、ビジュアルを楽しむ踊りです。

センターで海老蔵さんがひょいひょいと傘をあちこちから取り出しながら、両脇から捕まえようとする市蔵さんと九團次さんをいなしていきます。
その姿がね
すっごく力が抜けていて、楽しそうで。
今まで見てきた海老蔵さんの、美しいけれどどこか人間味の感じられない・力が入って硬いお芝居じゃなくて、すっごく柔らかい❗️
一回り大きく見えるような気がするなぁ😌

……と、感じていたんです。
感じていたのですが、視線はどちらかと言うと、両脇を見るのに忙しくて、センターの海老蔵さんは素通りしていました💧
両脇で花を添えている遊女役は、千壽さんと純弥改め折之助さん。
名題下のときからずっと応援している女形二人が…✨
かっわぃぃぃぃ❤️


***
【東西合同大歌舞伎】と銘打ってはあるものの、上方の役者さんが多いし、雀右衛門さんだっていまは東京が本拠だけど「京屋」さんだし、(一部・二部で)江戸歌舞伎の匂いはこの幕だけかと思っていたのですが…
ワタシの中ではこれも上方分類でしたね😅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『廓文章』吉田屋

⚫︎當る酉年 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露 #5

藤屋伊左衛門…仁左衛門さん
扇屋夕霧…雀右衛門さん
吉田屋喜左衛門…彌十郎さん
太鼓持豊作…廣太郎くん
阿波の大尽…松之助さん
番頭清七…友右衛門さん
女房おきさ…秀太郎さん

ストーリーはこちら

Img_2766


襲名披露で、劇中での口上もあるくらいなので、もちろん主役は夕霧役の雀右衛門さんです。
分かってますよ。
分かってますって。
でも、目が仁左衛門さんを追いかけてしまうのは、これはもうどうしようもないことなのです。

今回は特に吉田屋の女将おきさ役が秀太郎さんなので、もうなんか楽しそうに好き勝手に兄弟コントを見ているような😆
ケタケタ笑いながらほっこりしてました✨


***
吉田屋は、華やかで鮮やかで優しさに溢れていてハッピーエンド。
だからかな。
何度見ても途中でどうしても眠くなる。
身体も心も幸せでいっぱいになるからかな💡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『菅原伝授手習鑑』車引

⚫︎當る酉年 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露 #4

梅王丸…鴈治郎さん
松王丸…愛之助さん
杉王丸…廣太郎くん
藤原時平…市蔵さん
桜丸…孝太郎さん

長い長いストーリー全体はこちらから
省略タイプはこちら

Img_2769


今回の顔見世は3部制なので、(そうしないという座席数が少ないから興行が回らないんだろうね💧 チケット代もそれほど安くはなってないし💣)一旦カフェで興奮を冷まして…
で、三大義太夫の一つ…
さすが顔見世興行。 中身が濃いなぁ😅

ここでも上方の役者さんが並びますよ。
鴈治郎さん、孝太郎さん、愛之助さん。
あぁ、なんか、いいなぁ⤴︎
キャラがピッタリ。
梨園の言葉で言えば、「仁が合う」と言うのかな?
どっしりと構える梅王丸の鴈治郎さん
憂いを帯びた桜丸の孝太郎さん
勢いのある松王丸の愛之助さん
ステキ✨

20年後、これ見たんだよー贅沢でしょう! と自慢できるんだろうな。
いまから楽しみです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『仮名手本忠臣蔵』道行旅路の嫁入

⚫︎當る酉年 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露 #3

戸無瀬…藤十郎さん
奴可内…鴈治郎さん
小浪…雀右衛門さん

舞踊ですが、忠臣蔵の長い長い物語のなかの一部なので、この舞踊のストーリーはこちらですが、暇があればその前後のストーリーも見てみてくださいな。

Img_2767


実年齢61歳と84歳の男性が演じる、10代と、たぶん20代後半から30くらいの母娘…
これが、そう見えるのが歌舞伎の凄まじいところですよね‼️
ほんとに。

母娘といっても実子ではないから、どこか姉妹のようなキャピキャピ感と、恥じらいと、楽しさと、溢れる互いの優しさと…
敵討ちという重いストーリーのなかの、親子・夫婦の永遠の別れという哀しい場面の前の、華やかな舞踊。
素敵で見惚れてしまいます。


最後に襲名披露の口上がありました。
雀右衛門さんを披露するのはもちろん藤十郎さん。
最近の襲名ラッシュで、口上での藤十郎さんはいつも巻紙を読み上げ、お決まりの言葉以外を話されることはほぼなかったのですが…
今回は巻紙なしで、雀右衛門さんの紹介をたくさんして下さいました✨

藤十郎さんの踊りが見られて、声が聞けて、幸せだなぁ🙂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『源平布引滝』実盛物語 九郎助住家の場

⚫︎當る酉年 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露 #2

斎藤別当実盛…愛之助さん
瀬尾十郎兼氏…亀鶴さん
百姓九郎助…松之助さん
葵御前…吉弥さん
小万…友右衛門さん

Img_2765

平家が全盛を迎えようというとき。
源氏の家長は既に殺され、その一族は根絶やしにしようと狙われて…
未来の木曽義仲をお腹に宿した葵御前の周囲の人たちの、現代に生きる私たちにとっては哀しい物語。
でも、【忠義】に生きる時代の人たちにとっては、受け止め方がちがったのかな。。。
ストーリーはこちらをどうぞ。


なんかね。
お芝居を観ながら、ストーリーとは別のところでジーンとしていたんです。
ラブリンが、愛之助さんが、顔見世興行で、一幕の主役を、ふつーにやってはるよ‼️

ワタシが歌舞伎を見始めたころは、まだピチピチの若手花形で、御曹司の代役で主役を演じるとなっただけで大ニュースだったのにね。
いまや、上方歌舞伎の次代を支える立役として、堂々と立っている…
孝太郎さんや壱太郎くんは女形が中心だし、進之介さんはなかなか出てこない、そんな中で奮闘してはるんやなぁと思うと、心が暖かくなりました。


そして、お芝居に浸りながらもそんな考えをすることができる、余裕を持った愛之助さんのお芝居が素敵でした✨
歌舞伎を【見続ける】って、これだからやめられない😊

| | コメント (0) | トラックバック (0)

當る酉年 吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎 五代目中村雀右衛門襲名披露

いつもは四条の南座で行われる顔見世興行ですが、今年は南座が改修工事(始まってるんだろうか💧)で休館中なので、三条の先斗町歌舞練場です。
京阪電車を降りて、三条大橋を渡っていたら…
Img_2754


東山にかかる虹。
良い年の瀬を迎えられそうな気がしますね✨


さて、先斗町歌舞練場は上七軒の総見。
歌舞練場に舞妓さん・芸妓さん…雰囲気アップです⤴︎

先斗町歌舞練場は昭和2年築。
1階の両脇と2階最前列の升席以外は力一杯洋風でモダンなのに、なぜか和風を感じさせる暖かい建物です。
京都五花街の歌舞練場は全部入ったことあるけれど、ここが一番馴染みがあるかな。
奥の奥まで入ったことあるし…
何百年の歴史はないけれど、新しいものも自らのキャラのなかに活かす、京都らしさがよく表れている場所だと思います。
客席は500席ちょっと。
南座の半分以下…そりゃチケット争奪戦が激しいわけですね💧
回り舞台もセリもない小さな、そして客席と距離を感じさせない舞台で、大歌舞伎‼️
どこか芝居が溢れてしまうんじゃないかと心配する気持ちもあったのですが、なんの。
かえって時代物の仰々しい芝居がとってもしっくりきていました☺️

今年の顔見世興行、よかったー☆
今日見られなかった第三部も観たいなぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にく

めでたく冬のボーナスが出た旦那さん。
しかも、今日で6連勤が終了。ワタシも5連勤の最終日。
二人とも20時過ぎまで残業して、ごはんどうする? と聞いた時には答えは分かっていました。
そして、予想通りの
「にく❗️」
宣言。

では、と乗換駅である焼肉の聖地・鶴橋で慰労会🍺
上等なお肉頼んじゃった✨
Img_2729


柔らかくって、甘くって、幸せ❤️

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつでも、どこにでも、芋はいる

お久しぶりのめしぶ活動ー‼️
今夜は初のロシア料理、モスクワプリュスシェミ(MOCKBA+7)さんです✨

ロシア、ロシア料理…
ボルシチ・ピロシキ・ビーフストロガノフくらいしか浮かばない💧
仕事上がりで遅れて到着したら、さっそくそれらが並びました✨

Img_2721


あ、サワークリームを混ぜる前の鮮やかなボルシチ📷も。
Img_2720


これらに鮭のグラタンと、焼き上がりまで50分かかるカツレツ❗️
Img_2722


Img_2723


最後はもちろん、イチゴとバラのジャムがついたロシアンティー。
Img_2725


めっちゃ美味しかった😁
めっちゃガッツリでした‼️

とりあえず、ロシア料理とは芋だな💡
ひたすら全ての料理にジャガイモさんがついてきたよ。
それも結構な量が。
裏切らない芋の愛は、かなり重い。。。


***
この店のディナーは3人以上がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事前確認が必要です

残業が多いので、少しでも睡眠時間を確保するために、休日にお弁当のおかずを作り置き。
Img_2708
この他にも鮭の塩焼きやゆで卵も作りました✨

これをやっておくと、楽チンなんですよねー。
今週は特にワタシも旦那さんもガッツリ連勤で、お弁当を毎日2つ作らなきゃいけないし…

って。
日曜日はお弁当いらないの?
おにぎりがいい日もあるの?
ま、まぁ出張で食べる場所がないなら仕方ないね💧


この作り置きおかずは、アレンジして夕食にしますか💡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都の秋

11/30、京都市立美術館のあとで若冲の墓がある相国寺へも行ったのです。
秋季公開中の方丈を見学。
Img_2703_2


Img_2701


お隣の相国寺承天閣美術館でも若冲展をやっているのですが…
靴を脱いで上がる美術館の、下足スペースがまるで満員電車💧

京都市立美術館は人の頭越しでも満足できましたが、ここはダイスキな作品が多すぎてゆっくり見たい場所なので、入場はやめておきました。
また今度来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『都風流』お稽古12回目

この曲のお稽古を始めた頃は、ただこの曲を弾けるのが嬉しくて楽しくて、恍惚としていたんだけれど。
いつくらいからだろう。
もっと上手く、もっと雰囲気を出して、もっと艶っぽく、もっと、もっと…
そう、欲張り出したときから。

弾けなくて。
ダイスキな曲だけれど、弾くのに必死で楽しめていなくて。

自分の実力を叩きつけられた曲ですね。
ダイスキだけど。

多分、この曲のお稽古は今夜で終わりかな。
それっぽいことをお師匠さん言ってはったし。
ムーリーなテンポで弾き上げたし。


Img_2704


いつかリベンジ…じゃなくて、リトライしたいな。
ダイスキな曲を、ダイスキな雰囲気で弾けるように、いつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »